緑茶の成分・効果

緑茶に含まれるカテキンには効果がないの?実はすごい!!健康パワーを紹介

こんな方におすすめ

  • カテキンといえば緑茶なの?
  • ほんとに体にいいの?
  • 具体的な効果は?

 

この記事では、カテキンの効果について、難しい内容をカンタンまとめて紹介します。

 

この記事を読めば、

「カテキンはなんか体によさそう」というイメージから

カテキンはこんなに体にいいんだ

に変わります。

 

メリットだらけのカテキン

体にうれしい特徴を知って、毎日の緑茶の時間をさらに楽しいものにしましょう。

カテキンの効果を今すぐ見たい方はコチラから

 

カテキンとは

カテキンは、緑茶に代表されるポリフェノールの一種
緑茶特有の苦渋味成分のもととなる物質です。

ポリフェノールはほとんどの植物に含まれる色素や苦渋味の成分。

あまり知られていませんが、カテキンはゴマや玉ねぎ、ブルーベリーにも含まれております。

ただし、含有量では緑茶がダントツです。

 

主な効果

抗酸化作用

緑茶に含まれカテキンには高い抗酸化作用(活性酸素を除去)があり、食品のなかでも高い効果を持っています。

人はお酒を飲むことや仕事など日々のストレスなどによって、体の中で活性酸素が発生しています。

体のなかが活性酸素で酸化してしまうと老化に繋がってしまいます

【引用】
❞最近では特にポリフェノールに抗酸化作用があることがよく知られており、ポリフェノールの仲間であるカテキンにも高い抗酸化作用が確認されています。カテキンの活性酸素除去作用は特に強く、活性がウーロン茶と比べ約3~4倍であるという報告もされています❞

出典:日本カテキン学会

抗菌・抗ウイルス

カテキンがウイルスの活動を奪う!そんな作用もあります。

人の鼻やのどから入り込んで付着することや増殖を阻止して、感染の拡大を防いでくれるのです。

また、インフルエンザの時期になると静岡県や鹿児島県のの小学校では、「緑茶でうがいをする」というびっくりするような習慣まであるほどです。

【引用】❞緑茶から抽出したカテキンは、ウイルスの感染性を阻止することを報告した
緑茶による抗菌テストにおいては、3時間経過で生菌が検出されることがなくなった❞
出典:日本感染症学会 ONLINE JOURNAL(紅茶エキスによるインフルエンザウイルス感染症の阻止)

ダイエット

カテキンは、ダイエットのサポート役として有名です。

脂質代謝をあげ、体脂肪を減らす手助けをしてくれるという働きがあります。

体の中に入ったエネルギーは消費できなかった場合、そのまま体脂肪として増加してしまいます。

しかし、カテキンはこのエネルギーを消費する働きをサポートしてくれます。

2~3ヶ月緑茶を飲み続けることでエネルギーが消費されやすい体になります。
さらに、軽い運動と組み合わせるとでエネルギーの消費が期待できます。

 

【引用】
脂質代謝を活発にしてエネルギー消費量を増加させ、体脂肪低減へとつながると考えられています。
茶カテキンの継続摂取によって内臓脂肪量が低減して、メタボリックシンドロームも改善する ことが示されました。

出典:日本カテキン学会 カテキンの効果・作用より
出典:総合学術電子ジャーナルサイト「J-STAGE」-茶カテキン研究のトピックスより

アレルギー対策

カテキンの種類のひとつにメチル化カテキンというとても優秀なカテキンがあります。

メチル化カテキンには、免疫力の改善や抗菌などだけではなく、アレルギー対策にも効果があります。

春になるとイヤ~な、鼻のグズグズ・くしゅんが抑えられます。

メチル化カテキンについては「【緑茶でスッキリ】つら~い花粉症に効果のある緑茶を紹介」で詳しく紹介しています。

カテキンの種類

カテキンを取りすぎても大丈夫なの?

結論、安全です。

カテキンを含む飲料としてヒットした花王の「高濃度茶カテキン」。

一部の情報によると体内に悪影響を及ぼすようなコメントも見受けられます。

その真偽について、花王が回答しています。
結論、「安全です」ということです。

ネガティブな発信をしている情報は、人が1日では飲めない量を飲んだ場合の影響を発信しています。

緑茶に限らず、どんな食品、飲料でも超過剰摂取は体に良くないのは当たり前ですね。

多くの研究論文をもとに記載された内容がこちらです。

カテキンのまとめ

昔から、緑茶は体にいいと言われ「薬」として扱われていた時期もあったほどです。

最近も「抗酸化、抗菌、ダイエット、アレルギーなど」今もなお研究が進み、健康効果が次々と明らかになっています。

カテキンの効果のまとめです。

  • 抗酸化作用:ストレスなどによって発生する活性酸素(老化物質)を抑えてくれます
  • 抗菌、抗ウイルス:体の中への侵入を防いだり、活動を弱めてくれます
  • ダイエット:エネルギーを消費させやすくします。
    さらに日ごろの軽い運動と組み合わせるとエネルギーの消費がさらに進みます。
  • アレルギー対策:春のいや~な鼻のグズグズを抑えられます。

 

昔は薬として扱われていたということも納得ができますね。

普段から飲んでいる緑茶ですが、あらためて緑茶が持つパワーを感じます。

これからも緑茶と一緒に健康生活を心がけましょう。

-緑茶の成分・効果

Copyright© 水出し茶ぷらす , 2022 All Rights Reserved.